横浜スパークリングトワイライト花火大会2019の日程や混雑状況

7月にトップバッターで開催される横浜スパークリングトワイライト花火大会

2日間共に3000発の花火が横浜の港の夜を飾ります。

日中からイベントは開催されるため丸一日楽しめます。

横浜スパークリングトワイライト花火2019年の日程

開催期間:2019年7月13日(土)〜14日(日)
     花火は両日とも19:30〜20:00

会場:山下公園及びその周辺、公園前海上

入場無料

毎年海の日がある3連休の土日に開催されます

公式HP:https://yokohama-sparkling.com

花火の打ち上げ場所

山下公園沖の海上となります

会場マップ(公式HP):https://yokohama-sparkling.com/venue/

混雑状況は?

比較的認知度が低かったり2日間開催であったりと、大規模の花火大会に比べると混雑はしませんが、同じ横浜で開催される神奈川新聞花火大会が中止となって以来増加傾向にあります。

山下公園付近はかなりの混雑となり相当早めに行かないと座って見るのは難しそうです。

横浜スパークリングトワイライトは昼間もパレードなどのお祭りが開催されていて、日中からの観客がそのまま花火を見るため山下公園付近での場所取りは難しいかもしれませんね


ここからは2017年に筆者が訪れた際の様子を紹介します。

場所は赤レンガ倉庫付近です。

花火打ち上げ開始19:30分の約45分前に赤レンガ倉庫付近に到着しましたが、その時点では三脚を立てる場所が選べる程度でした。


19時を過ぎ、日が入って暗くなってくる頃にはまわりに人が増え始め三脚は立てづらいくらいの混雑度になっていました。

帰りは歩道や陸橋がかなりの混雑となり、最寄り駅まで通常時より数倍ほど時間がかかりましたので早めの退散もしくはすこし待ってからの帰りはじめるのが良さそうです。

次の「おすすめの場所」でも紹介しますが、メイン会場:山下公園を離れれば離れるほど混雑は和らぎます。

※年々認知度が増していますので2019年はこの通りにいかない可能性もあります。

おすすめの場所は?

赤レンガ倉庫付近

打ち上げ場所からちょうど良い距離感で1時間前に行けば場所取りは容易であると思われます。

写真を撮る場合は赤レンガ倉庫と一緒に撮ったり、大さん橋に停泊している船と一緒に撮ることもできます。

赤レンガ倉庫周辺は非常に広いので早めに行って良さそうな場所を探すのがおすすめです。

※打ち上げ場所の方向は要チェック

臨港パーク

パシフィコ横浜の隣にある海に面した公園です。

Twitterの情報ですが花火開催の1時間前でもほとんど人がいないとも聞きました。

打ち上げ場所からはやや離れますが落ち着いて見たい方におすすめです。

写真で花火をイメージ

実際に撮影した写真を撮影情報と共に載せますので参考にしてください

EOS 7D MarkⅡ 18-135mm 50mm F9.0 SS7.4s ISO100

大型客船が泊まっていると客船から打ち上げたように見えます

EOS 7D MarkⅡ 18-135mm 18mm F13 SS7.4s ISO100

場所の調整が難しいですが赤レンガ倉庫を入れて撮ることもできます。

赤レンガ倉庫より高い位置に打ち上がる花火は一部だけですのでご注意ください。

横浜スパークリングトワイライト2019のアクセス

メイン会場は山下公園となっていますが、花火は周辺の施設や場所でも見ることが出来ます。

JR京浜東北根岸線「桜木町駅」もしくは「関内駅」

みなとみらい線「みなとみらい」「馬車道」「日本大通り」「元町中華街」

山下公園は「元町中華街」、赤レンガ倉庫は「馬車道」大さん橋は「日本大通り」が最寄り駅です。

比較的早い時期に開催されるので花火が待ちきれない方におすすめの花火大会です。

以上横浜スパークリングトワイライトの花火の情報でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました