あしかがフラワーパーク~大藤まつり2020~見頃や開花状況、混雑は?

世界の夢の旅行先に日本唯一選ばれている「あしかがフラワーパーク大藤まつり」

そのあしかがフラワーパークの藤の花は樹齢150年を超える600畳敷きの大藤や長さ80mの白藤のトンネルなど、見どころ満載!

世界の夢の旅行先に選ばれるほどの絶景が広がっています。

今回はあしかがフラワーパークの大藤まつりについて、写真と共に紹介していきたいと思います。

おすすめレンズ:超広角、望遠

おすすめレンズとは?

トイレあり 食事場所あり 休憩場所あり 

藤の花の見頃は?

例年の見頃:4月中旬~5月上旬

大藤まつり: 4月11日(土)~5月20日(水)

ライトアップ: 4月22日(水)~5月20日(水) (17:30~21:00)

4月中旬~GWにかけて見頃となります。園内は様々な藤があり、種類によって開花時期も若干異なりますので、まつり期間中はなにかしら見頃になっていると思われます。

藤の花の開花状況

あしかがフラワーパーク公式HPにて確認できます

花の状況 | パーク便り | あしかがフラワーパーク
花の芸術村 あしかがフラワーパーク。8つの花の季節をテーマに季節感あふれる庭園をつくりこみました。それぞれのテーマに合わせ数百種の花木が季節をいろどります。是非一度、ご来園ください。
スポンサーリンク

あしかがフラワーパークへのアクセス

入園料・開園時間

入園料:900円~1900円

開園時間:7:00~18:00(ライトアップ時は~21:00)

※あしかがフラワーパークは藤の花の開花状況によって入園料が変動します。事前に公式HPにてご確認ください。また、前売り券等も発売しています。

アクセス

電車で

JR両毛線「あしかがフラワーパーク」駅すぐ

JR宇都宮線・水郡線・東北新幹線「小山駅」→「あしかがフラワーパーク」:約30分

JR高崎線・上越新幹線など「高崎駅」→「あしかがフラワーパーク」:約1時間

※電車の本数が少ないため、GWや見頃時期の週末は大混雑します。また、遅延も発生するので乗り換え等の時間は余裕を持ったほうが良さそうです。

※高崎駅・小山駅は両毛線の始発駅のため早めに電車が来るのを待っていれば座ることが可能です

車で

・東北自動車道より
◎佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)

・北関東自動車道より
◎太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(約20分)
◎足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)
◎佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)

混雑は?

望遠レンズで撮っても人が多く写り込むレベル

グローバルで人気のスポットのため、国内だけでなく海外旅行でやってくる人も非常に多くいます。
そのため、休日やGWを中心に大混雑

特にGWは前に進むのがやっとなほどの人で溢れかえります。

混雑の覚悟は必須です。

GWを除く平日は比較的空いているようです。
また、園内はかなり広いので、人が少ない場所もある程度あり休憩することはできますが、売店などは大行列なのでご注意ください。

あしかがフラワーパーク大藤まつりの写真と見どころ

樹齢150年の大藤

紫色に煌めく宝石のよう

長さ80mの白藤トンネル

ツツジも綺麗

ほぼ同時期にツツジも見頃をむかえます
とにかく藤の花のスケールがすごいです

見頃のピーク時は入園料が1900円とかなり高いですが、それ以上に満足のできる絶景スポットです。

混雑も忘れてしまうほど綺麗な藤の花

是非一度訪れてみてください!

以上、あしかがフラワーパークの大藤まつりについて紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました