EOS 90D・EOS M6 MarkⅡ発表!

本日2019年8月28日にEOSの新機種EOS 90DとEOS M6 MarkⅡ発表されました!

どちらも4K動画対応や大幅な画素数アップとなっています。

カタログスペックや紹介動画からざっと感想を述べたいと思います。

また、簡単に旧機種とのスペック比較をまとめました。

EOS 90D

引用:https://canon.jp/newsrelease/2019-08/pr-eos-90d.html

概要と感想

・ミラーレスな一眼レフ

90Dはほぼ光学ファインダーの付いたミラーレスカメラって感じですね。

特に連続撮影枚数や測距範囲がライブビュー時のほうが性能が高いという仕様になっています。

ライブビューでも撮りたいけど光学ファインダーも捨てがたいといった要望に応えてくれるカメラになるでしょうか

少なくともライブビュー撮影時はEOS R並の性能となっています。

・二ケタDに帰ってきたジョイスティック

50Dまで二ケタDについており60D発売時になくなったジョイスティックがついに90Dで帰ってきました。

これは実質7Dとの統合なのかそれとも7Dシリーズはミラーレスになるのか・・・

・撮影可能枚数も凄い

ファインダー撮影時1860枚、ライブビュー撮影時510枚とかなりの省電力となっています。

ライブビュー撮影時510枚はEOS Rを超えていますね

・ライブビュー時シャッター速度1/16000

これは驚きのスペックとなりした。電子シャッター限定となりますが、超高速シャッターが可能です。



価格はボディ単体で16万円ほどと80Dより値段がだいぶ上がっていますね・・・

製品概要:https://cweb.canon.jp/eos/lineup/90d/

スペック比較vs80D

EOS 90DEOS 80D
画素数約3250万画素約2420万画素
画像処理エンジンDIGIC8DIGIC6
ISO感度100~25600
拡張51200
100〜16000
拡張25600
ファインダー倍率約0.95倍約0.95倍
測距点45点オールクロス45点オールクロス
測距範囲EV-3~18
ライブビュー撮影時
EV-5~18
EV-3〜18
測光方式約22万画素RGB
+IRセンサーによる
216分割TTL開放測光
7560画素RGB
+IRセンサーによる
63分割TTL開放測光
連続撮影速度約10コマ/秒
ライブビュー撮影時
約11コマ/秒
約7.0コマ/秒
連続撮影枚数JPEG:約58枚
RAW:約25枚
RAW+JPEG:約39枚
JPEG:約110枚
RAW:約25枚
RAW+JPEG:約22枚
動画4K30p
フルHDハイfps
フルHD60p
モニター約104万ドット約104万ドット
質量約701g約730g
その他UHS-Ⅱ対応

EOS M6 MarkⅡ

引用:https://canon.jp/newsrelease/2019-08/pr-eos-m6mk2.html

概要と感想

・初代M6からの大幅スペックアップ

画素数は2400万画素→3250万画素、測距点は約3倍、4K撮影対応など、大幅に進化しました。

EOS Mシリーズにずっと4K30p以上が追加されたらなあ~と思っていましたがようやく撮影が可能になりました。

測距範囲もEOS R並のEV-5から行えます。そうとう暗い場所でもAFが可能になりますね

・連続撮影速度は1DX並

EOS 1DX MarkⅡの連続撮影速度は14コマ/秒

EOS M6 MarkⅡの連続撮影速度は14コマ/秒

なんと1DXと並びます。どの程度AFが追従するか気になります。

また、RAWバーストモードという機能がありそれは30コマ/秒で撮影ができます。

・若干グリップが大きくなったか?

横幅が6mmほど大きくなっていて、製品画像を見た感じも若干サイズアップしています。

これは実機を持ってみてですが、グリップがより握りやすくなっていることを期待しています。

・親指AFとAFMF切り替え専用スイッチ

引用:https://canon.jp/newsrelease/2019-08/pr-eos-m6mk2.html

これは意外な機能でした。

親指AFとMFとAFを切り替えるスイッチが独立して付きました。

EF-Mレンズにはフォーカスモード切り替えスイッチがないので十字キーで対応していましたが、独立してより操作がしやすくなりましたね。(結構誤操作していました)

願わくばこの位置にジョイスティックが欲しかった・・・

・露出補正ダイヤルは廃止

EOS M5で気に入っていた露出補正ダイヤルはなくなりました。

そのかわりにデュアルファンクションボタンといわれるボタンとダイヤルで様々な設定が素早くダイヤルが変更できるものが付いています。

ダイヤルは沢山あるので好みの場所に変更できると考えれば良いでしょうか

・AF・レスポンスに期待

AFまわりの進化やDIIC8搭載によってレスポンスが向上しよりテンポ良く撮影できるカメラになっていることを期待しています。

製品概要:https://cweb.canon.jp/eos/lineup/m6mk2/index.html

スペック比較vsM6


M6 MarkⅡM6
画素数約3250万画素約2420万画素
画像処理エンジンDIGIC8DIGIC7
ISO感度100~25600
拡張51200
100〜25600
測距点143点49点
測距範囲EF-5~18EV-1〜18
測光方式撮像素子による
リアルタイム測光(384分割)
撮像素子による
リアルタイム測光
連続撮影速度14コマ/秒
RAWバーストモード
30コマ/秒
ワンショットAF:約9.0コマ/秒
サーボAF:約7.0コマ/秒
連続撮影枚数JPEG:約54枚
RAW:約23枚
RAW+JPEG:約23枚
JPEG:約26枚
RAW:約17枚
RAW+JPEG:約16枚
動画4K30p
フルHD120p
フルHD60p
モニター約104万ドット約104万ドット
質量約408g約390g
その他UHS-Ⅱ対応

※一部追加しました。

とりあえず製品の紹介動画やページを見て気になったところを書いてみました。

APS-Cで3250万画素・・・その画質が気になります。(5D4より高画素だと・・・)

ただその高画素にいまあるレンズが耐えうるのか?(特にEF-Mマウントのズームレンズはきついのでは?)

今のところEOS M6 MarkⅡは購入予定です。

近いうちにショールームへさわりに行くので、実際に手に持ってみての感想をまた記事にしたいと思います。

EOS M5が在庫僅少になっているがこれが後継機になるのかな・・・?

以上8月28日のEOS新製品2機種発表のお知らせでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました