日本一早いあたみ桜糸川桜まつり2020見頃や開花状況は?

日本で最も早咲きのさくらと言われている「あたみ桜」

なんと1月から花が咲きはじめます。

静岡県熱海市内を流れる糸川沿いを中心として市内の各所で見られるあたみ桜について見頃や開花状況、アクセスなどを紹介したいと思います。

写真も載せているので、現地のイメージも確認できます。

おすすめレンズ:広角~標準

おすすめレンズとは?

あたみ桜の見頃は?

開花時期:1月から2月上旬

糸川桜まつり:2020年1月11日~2月9日

代表的な桜であるソメイヨシノは早いと1週間くらいで散ってしまいますが、あたみ桜は開花時期が長いのが特徴です。

1月から咲きはじめ、2月上旬まで1ヶ月ほどと長い間楽しむことができます。

参考
去年は12月12日に開花、1月29日に見頃となりました

あたみ桜の開花状況は?

熱海市観光協会の公式サイトで開花時期になると更新されます

第10回あたみ桜糸川桜まつり(2020終了)|あたみニュース
日本で最も早咲きの桜

あたみ桜糸川桜まつりへのアクセス

ここでは57本のあたみ桜がある糸川沿いへのアクセスを紹介します

電車・バス

JR東海道線・伊東線・東海道新幹線熱海駅から東海バスまたは伊豆箱根バスで「銀座」バス停下車

熱海駅までは東京から新幹線で約45分、東海道線普通列車で約100分です。

バス停を降りると川の上流に向かって桜並木が続いています

※帰り(熱海駅行き)の銀座バス停は行きの銀座バス停より北側(川の上流側)にあるのでご注意ください。同じバス停ですが行き先により場所が異なります

熱海駅から徒歩の場合

熱海駅からは徒歩約20分です

急坂がありますのでご注意ください(標高差は約80mあります)

車の場合はあたみ桜糸川桜祭り開催期間中は一部道路が通行止めとなります。特に、指定された駐車場は無いので近隣の有料駐車場へ駐車するようにしてください。

※週末を中心に周辺道路はかなり混雑します。なるべく公共交通機関をオススメします。

あたみ桜の写真

海岸沿いにもあたみ桜が咲いています
花びらはカワヅサクラよりもう少し濃いピンクです
1月から桜の景色が楽しめる贅沢なスポット

日本一早い開花という名の通り最も寒い時期に咲きはじめる桜

春が待ちきれない方にはとてもオススメの桜スポットです。

一足早い春を感じに熱海へ是非訪れてみてください!

以上あたみ桜糸川桜まつりについて紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました