平成最後の一眼レフ!?EOS Kiss X10

2019年4月10日に発表されたEOS Kiss X10
個人的にはEOS Kiss X9が最後のエントリー一眼レフだと思っていたので驚きました。

そして発売日は2019年4月25日
平成最後の一眼レフ発売と言えるでしょうか

詳しいスペックは商品紹介ではないので省きますが
前機種のEOS Kiss X9から変わった点としては
・DIGIC7→DIGIC8
・4K動画撮影対応
・軽量化(再びデジタル一眼レフで最軽量に)
・ライブビュー撮影時の瞳AFなどのAF強化
です。
一眼レフですが、ライブビュー撮影時はほぼEOS Kiss Mと同じとみて良いでしょう。

まだまだEOS Kiss Mなんかと比べると動きものは一眼レフの方が撮りやすいので、ニーズが十分あるのでしょうね。

ここで
キヤノンのAPS-C一眼レフを今更買うメリット

それは将来フルサイズミラーレス(特にRFマウント)にステップアップしたときに一眼レフのレンズが使える事です。
EOS Kiss MなどのEF-Mマウントレンズは現状RFマウントにアダプターを介してつけることはできません。
対してEF-Sマウントレンズはマウントアダプターを使えばRFマウントに使用することができます。
※1.6倍クロップされます
サブ機としてEF-Sマウントを使うのであれば良いですが、EF-Sマウントレンズを全て売らなくてはいけないということが回避できます。

世の中はミラーレス化が進行中ですが、キヤノンの一眼レフカメラに限ればこんな利点もあると言うことでした。
(お金があればEOS RP一択!笑)

もしかしたらエントリー一眼レフ最後の機種になるかもしれないEOS Kiss X10
EOS Kissからはじめた自分もちょっと欲しくなります。

以上EOS Kiss X10の話でした。

今後のカメラの展開がとても気になります。

※この記事は旧ブログから移転したものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました