寄れる望遠!TAMRON 70-210mm F4 Di VC USD Model A034レビュー

タムロンから新たに発売されている70-210mm F4 Di VC USD (ModelA034)

いわゆるF4通しの小三元ズームレンズです。

純正レンズではこのスペックのレンズはとても人気がありライバルが多い中、存在するタムロン70-210mm

1ヶ月ほど使ってみてレビューをしたいと思います。

外観と仕様

外観

タムロンの新デザインのレンズに準拠しておりマウント部はルミナスゴールドのリング、モノトーンのデザインになっています。

マウント部にはシーリングがあり簡易的な防塵防滴に対応しています。

外観はとても高級感があって良いですね。

ズームリング・フォーカスリング共に回転方向はニコンのレンズと同じになっています。(キヤノンユーザーとしては戸惑う)

ほぼ同等スペックのEF70-200mm F4Lと並べてみました。

わずかにタムロンのレンズの方が長いですが、大差はありません。仕様に書きますが、重さの違いの方が大きいです。

仕様

  • レンズ構成:14群20枚
  • 絞り羽根枚数:9枚
  • 最小絞り:32
  • 最短撮影距離:0.95m
  • 最大撮影倍率:1:3.1(0.32倍)
  • フィルター径:67mm
  • 最大径×長さ:76mm×176.5mm
  • 質量:860g

※サイズと質量はキヤノン用

TAMRON 70-210mmの特徴は最短撮影距離の短さと最大撮影倍率の高さです。

望遠ズームは0.2倍前後が多い中このレンズは0.32倍とかなりの接写性能と95cmまで寄ることができます。

花の撮影なんかをする人はこのレンズ1本あればかなりいろいろな撮影が出来ると思います。

質量はキヤノンのF4Lより80gほど重いです。

ボケテスト

絞り値ごとにボケの変化を調べてみました。

広角端70mm

※画像をクリックorタップすると拡大します

背景はざわつきやすい状況であると思いますが、開放F4.0では滑らかに背景がボケています。

フレーム内に影があり、コントラストが大きい場面でありますが、暗部もしっかりと描写ができています。

望遠端210mm

※画像をクリックorタップすると拡大します

210mmともなるとボケはかなり大きくなりますね。

こちらも影の部分もしっかりと描写ができています。

最短撮影距離ではありませんが、花の撮影はとてもしやすかったです。

解像度

広角端と望遠端のF4とF8で解像感はどうか調べてみました。

カメラはEOS 5D Mark Ⅳ、ピクチャースタイルはオートです。

現像はDPPを使用しましたのでレンズ補正はありません

70mm

左側がF4.0、右側がF8.0です

F4とF8で大きな変化がないことから開放からしっかりと解像していることがわかります。

210mm

左側がF4.0、右側がF8.0です

F4は若干甘い描写ですが、F8まで絞ると木の細かいディティールまでしっかりと描写されています。

このレンズは広角側の方が開放から解像度が良いことがわかりました。

使用感

良いところ

寄れる

このレンズとにかく寄れます。

特に花の撮影では接写能力がとても重宝され、マクロレンズがなくても意外とどうにかなることも多いです。

APS-Cカメラで使用すればハーフマクロ(約0.5倍)まで接写できます。

キヤノンの最新F4Lズームが0.27倍、ニコンのF4ズームが0.28倍ですので、もう一歩寄れる感じですね。

ボケが綺麗

タムキューの技術を積んでいるのかボケは滑らかでとても綺麗です。

ピントの合っている所はとてもシャープ、背景は滑らかにボケていく描写はとても気に入りました。

花の撮影はもちろん、ポートレートにも良さそうです。

バランスが良い

キヤノンのF4Lよりやや重いですが、レンズの重心がちょうど良いのか意外と持ちやすいです。

気になるところ

歩留まりの悪さ

非純正レンズということもあってかピントをよく外す印象です。

次のAF関連でも書きますが、AFは弱めで、激しい動体撮影には少々厳しいと思いました。

AF関連

AFはキヤノンF4Lに比べてゆっくりで迷うことも多いです。

また、レンズのAF切り替えスイッチはAFかMF以外に搭載していませんので、流し撮りモードなどには対応していません。

また、フォーカスリミッターもないので、AFが迷うとサーチ駆動にかなり時間がかかります。

ズームリングの方向

キヤノンのレンズとズームリング・フォーカスリング共に逆方向のため、急にズームしようとすると戸惑います。

これは慣れではありますが、人によっては気になる点になりますね

純正レンズとどっちがよい?

AF速度・正確性を求めるなら「純正レンズ」、少しでも安さ・接写能力・ボケの綺麗さを求めるなら「タムロン」

筆者が所有しているキヤノンF4Lとはほぼ同等の画質で、ボケはタムロンの方が良いが、望遠端の解像度はキヤノンの方が良いという印象でした。

作例

リサイズ無しの作例を掲載します。クリックすると拡大しますが、データ容量にご注意下さい

EOS 5D Mark Ⅳ
1/50秒 F8.0 210mm

EOS 5D Mark Ⅳ
1/250秒 F8.0 210mm

EOS 5D Mark Ⅳ

1/500秒 F4.0 135mm

タムキューを愛用していますが、タムロンのレンズで撮る花は良いですね

以上、TAMRON 70-210mm F4 Di VC USD (ModelA034) のレビューでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました