ロジクールMX Master 3sレビュー~静かなフラッグシップマウス~

ロジクールのMXシリーズマウスのフラッグシップであるMasterシリーズから静音タイプが登場しました。

MX Master 3から約90%のクリック音静音化や電磁気ホイール、サムホイールは勿論ついています。

仕事で実際に使ってみてレビューをしていきたいと思います。

購入のポイント

今回購入するマウスは仕事(会社)で使うことを考えて、Excel等の操作がしやすいことや、場合によって複数デバイス(Bluetooth非対応含む)で扱うことから、以下のポイントを考えました。

・複数ペアリング対応
・USB無線、Bluetooth両対応
・左右スクロールあり
・クリック音が静音であること
・戻る進むボタンあり

これらを満たすマウスはいくつかあると思いますが、ホイールの性能や見た目・ソフトウェアの使いやすさを考慮して、1.4万円弱とかなり高額の部類になってしまいますが、ロジクールMX Master 3sに決定しました。

Amazon.co.jp

開封&外観レビュー

箱は以前レビューし同時期発売のMX Mechanicalに近いデザインです。

この中にさらにもう一つ箱が入っており梱包はかなり重厚でした。

本体がこちら!

MX Master 3sはホイールがステンレス製でラバーがついていないため光り輝いています。ここがめちゃくちゃ高級感がある。サムホイールはアルミ製のようですが、どちらも品質はとても良いです。

マウスの下半分をラバーで覆われていますがさらさらとした触感で、手汗が多い筆者でもそこまで不快感はありません。

マウス裏面

電源スイッチと接続先切り替えボタンがあります。3台同時切り替えが可能です。
裏面にあるので頻繁にデバイス切り替えをする場合はやや面倒ですね。環境が許せばFLOW機能を使うと良さそうです。

充電端子はUSB-Cです。

MX Master 3sはマウスのサイズが大きめの部類になりますが、他の所有のマウスと並べてみました。

左から、MX Master 3s・G603・M585です。

G603がかなり大きいですが、それと同じくらいの縦の長さがあります。実際に、手が比較的大きい筆者(18.5cm)でも大きく感じましたが、絶妙な角度やデザインで吸い付くように持てるので、1週間ほど使った現時点では大きさは感じません。

手が小さめの人は一度店頭などで試してみた方が良いかもしれません。

1ヶ月ほど前に購入したMX Mechanicalは同時期発売のため、デザインも似ており相性が良さそうです。

しかしキーボードは自宅用、マウスは会社用と離れ離れになっています笑

続いて使用感のレビューに移ります。

使用レビュー

静音クリック

MX Master 3sから約90%静音化されたクリックとメーカーが謳っていますが、本当に静かです。会社など少し物音がしている場所では自分の耳にクリック音は一切入ってこないレベルです。

クリック音が静かなのでクリック感はどうかと思っていましたが、これが不思議で、クリック感もしっかりあるのです。

通常のマウスのカチッではなくコツコツといったクリック感です。クリック時の指への振動が小さいせいか指の疲れも軽減している気がします。

※ホイールクリックや親指側のボタンは静音化されておらず多少音がでます。

電磁気ホイールが最強

MX Master 3sのホイールは、物理的な回転制御ではなく、磁石を利用した制御となっています。そのため、部品の接触が少ないことや、高精細な制御、磁石の抵抗を切れば回転のエネルギーが無くなるまで永遠に回り続けます。

このマウスはスクロールをクリック感ありなしの切り替えができますが、自動切り替えに対応(MagSpeed Smartshift)しており、ゆっくりまわすと普通のクリック感のあるホイールに、勢いを付けてまわすとフリースクロールに変わります。

メールを大量に探したり、Excelで下の方の行に移動するときにこの自動でフリースクロールへ変化するのが非常に便利です。

さらに磁石での回転制御のため回転音も非常に静かです。

通常のマウスのホイールに比べるとクリック感ON時は若干ホイールの遊びが感じられ、微妙に感触が異なり慣れるまでは、今までの力でホイールを回そうとすると思ったよりスクロールしないといったこともありました。

手の疲れは?

仕事で1週間ほど使用してみた感想です。
※マウスは手の大きさなどで使用感が大きく変わります。あくまで個人の感想になります

使い始めた1日目2日目:カーソル移動が性格、多機能でスクロールも早いことから作業スピードはかなり向上しましたが、実は腕がとても痛くなりました。
これまで比較的コンパクトなマウスを使っており持ち方も、つまみ~つかみ持ちであったため変に手や腕に力がかかっていたのだと思います。

3日目以降は腕の痛みも発生せず非常に快適で、むしろ疲労が小さくなりました。

これまでコンパクトなマウスを使っていた人は使い始めは疲労が大きくなる可能性も考えられますが、慣れれば、とても快適に使えると思います。

バッテリー持ち

こちらは100%から0になったタイミングで追記したいと思います

持ち運びはケースがあった方が良いかも

デスクトップPC用など固定した場所で使う場合は問題ありませんが、外出先やテレワーク等で持ち運びする場合は、マウスが大きい事や高いってのもあり、専用ケースを用意した方が良いと思いました。

筆者は2000円弱のケースを購入しました。Logi boltを収納する場所もあり、サイズぴったりで有効活用しています。

Amazon.co.jp

総評

実売1.4万円前後の高級マウス。価格に見合った性能と使いやすさを実感しました。

作業効率アップや手の疲れを軽減したいなと思っている方は是非検討してみてください。

Amazon.co.jp

持ち運びが多い人は兄弟機のMX Anywhere 3も検討の価値ありです。左右スクロールはありませんが、こちらも電磁気ホイールです。

Amazon.co.jp

以上、MX Master 3sのレビューでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました