国営昭和記念公園の彼岸花2019見頃や咲いている場所は?

国営昭和記念公園では園内の所々に彼岸花が咲きます。

その昭和記念公園の彼岸花の見頃の時期や見られる場所を紹介します。

おすすめレンズ:標準~望遠

おすすめレンズとは?

彼岸花の見頃は?

昭和記念公園における彼岸花の見頃は例年9月中旬〜下旬です。

※彼岸花の開花は夏の気温や降水量に大きく左右されます。訪れる際は開花状況をよく確認してください。

彼岸花の開花状況は?

彼岸花の開花状況は国営昭和記念公園公式HPより確認できます。

花・植物 – 国営昭和記念公園公式ホームページ
日本を代表する国営公園 「花」「緑」イベント満載の都会のオアシス

2019/9/28:彼岸花が見頃です。10月の上旬までが見頃のピークと思われます。

彼岸花の見られる場所

国営昭和記念公園は広大で目的の場所へ行くのも大変なことがあるので、事前に彼岸花が咲いている場所をチェックしておきましょう

眺めのテラス南西花壇←オススメ

昭和記念公園内で最も多く群生している場所がこちらです。

木陰に広がる赤い絨毯

かなりの数の彼岸花が咲きます。

白い彼岸花も見られます

以下は眺めのテラス南西花壇ほどではありませんが様々な場所で彼岸花が咲いています。

こもれびの里

こもれびの家前

園内でマップが入手できるので、それらも活用してください

昭和記念公園へのアクセス

入園料と開園時間

開園時間:9:30~17:00(10/31まで)

入園料:大人450円、シルバー(65歳以上)210円、中学生以下無料

10/20、10/27は無料入園日となります。

電車で

昭和記念公園の入り口は6箇所ありますがその中から3箇所を紹介します。

・西立川口(駅から最も近い)

JR青梅線西立川下車徒歩約2分

・立川口(立川駅の最寄り)

JR中央線・青梅線・南部線立川駅から徒歩約15分

・砂川口(こもれびの里に一番近い)

西武拝島線武蔵砂川駅より徒歩約20分

車で

中央自動車道国立府中ICより8km。

中央自動車道国立府中IC下車。国道20号線を立川方面へ。日野橋交差点を右折。

駐車場の混雑情報はこちらから

彼岸花が最も多く咲いている場所は西立川口が最寄りです。

彼岸花の写真

上記で紹介した場所以外にも咲いています
写真は原っぱ中央売店近く

以上、国営昭和記念公園の彼岸花の紹介でした。

彼岸花が咲く時期は同時にキバナコスモスが見頃となります。

こちらもなかなかの見ごたえなので是非見に行ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました