【十種雲形ギャラリー】層積雲(そうせきうん・Stratocumulus)

雲データ

英名Stratocumulus
高度下層雲(地表付近~2000m)
雲粒主に水滴
別名うね雲
よく見られる季節1年を通して見られる
出現しやすい気象条件
早朝や夕方
北東気流など様々

いまいちぱっとしない層積雲。雲の形は様々で大きな雲のかたまりがいくつも浮かんだり、連なって空一面が畝のようになったりします。(別名:うね雲)

雲の隙間から太陽がのぞくと天使の梯子(光芒)が見られることもあります。

まれに降水をもたらします。

積雲よりは立体的ではないし、層雲よりはもくもくとしている悪く言えば中途半端な特徴で、他のどの十種雲形にもあてはまらなかったらだいたい層積雲だとも言われています。

雲形記号

積雲と層雲の雲形記号を合わせた感じの記号になっています



積雲と層積雲

ギャラリー


十種雲形一覧はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました