国営昭和記念公園のひまわり2020年見頃や開花状況は?

四季折々の風景そして花が見られる「国営昭和記念公園」の夏にはひまわりが見られます。

「Summer Festival 2019」というテーマで夏の花が見頃となりプールや様々なイベントも開催されます。

今回は国営昭和記念公園Summer Festival 2019の花の情報について解説していきます。

最後には実際に私が撮影した写真も載せますので参考にしてください。

※2020年は、ひまわりは見られますがイベントは開催されない模様です

昭和記念公園のひまわりの見頃はいつ?

例年:7月下旬~8月下旬にかけて見頃となります。

その年の気温や天気によって見頃の時期は前後しますので開花情報をチェックしてください。

昭和記念公園のひまわりの開花情報

開花情報は昭和記念公園公式ホームページにて更新されています。

訪れる際は必ずチェックしてください

花・植物 – 国営昭和記念公園公式ホームページ
日本を代表する国営公園 「花」「緑」イベント満載の都会のオアシス

参考:去年の開花状況

2019年7月18日
ひまわりの一部が開花をはじめたようです。

2019年8月1日
サンフィニティという品種が見頃、ハイブリットサンフラワーという花の大きな品種が咲き始めのようです。見頃は8/10頃を予想(公式HPより)

ひまわりが見られる場所は?

昭和記念公園は広大で目的の場所へ行くのも大変になることもありますので、事前にひまわりの咲いている場所をチェックしておきましょう

2019年は「花の丘」北側の砂川口方面で見られます。

秋や初夏に昭和記念公園訪れたことのある方はわかるかもしれませんが、「花の丘」はコスモスやポピーが一面に咲く場所です。その北側となります。

立川口や西立川口からは結構離れており歩くと20分~30分ほどかかります。

夏で暑いので自転車(レンタルサイクル・有料)や園内のバス(有料)を利用するのもおすすめです。

スポンサーリンク

ひまわり以外の花も見ごたえあり

ケイトウ

見頃:8月初旬~8月末

場所:もみじ橋近くの丘

サギソウ

見頃:8月

場所:西立川口ゲート内正面、さざなみ広場、菖蒲田、花木園展示棟

8月3日(土)~9月1日(日)に「サギソウまつり」が開催されます。

昭和記念公園へのアクセス

電車で

昭和記念公園の入り口は6箇所ありますがその中から3箇所を紹介します。

・西立川口(駅から最も近い)

JR青梅線西立川下車徒歩約2分

・立川口(立川駅の最寄り)

JR中央線・青梅線・南部線立川駅から徒歩約15分

・砂川口(ひまわりに一番近い)

西武拝島線武蔵砂川駅より徒歩約20分

車で

中央自動車道国立府中ICより8km。

中央自動車道国立府中IC下車。国道20号線を立川方面へ。日野橋交差点を右折。

駐車場の混雑情報はこちらから

昭和記念公園のひまわりの写真

と書いた割には良い写真がほとんどありませんでした・・・

今年撮影に行って追記したいと思います・・・

終盤は元気がなくなってきます笑

写真が微妙なものですいませんでした。

1年中楽しめる昭和記念公園は夏もお見逃しなく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました