小田原フラワーガーデンへ神秘の花ヒスイカズラを見に行こう

翡翠色の神秘の花「ヒスイカズラ(翡翠葛)」

フィリピンのルソン島の限られた熱帯雨林でしか自生しない花が小田原フラワーガーデンの温室で見ることができます。

今回は小田原フラワーガーデンのヒスイカズラについて写真と共に紹介したいと思います。

おすすめレンズ:標準~望遠

おすすめレンズとは?

トイレあり 食事場所あり

ヒスイカズラ(翡翠葛)とは?

フィリピンのルソン島が原産のマメ科ヒスイカズラ属の花です。

限られた熱帯雨林にしか自生していない大変貴重な花でIUCN(国際自然保護連合)のレッドリストに登録されています。

神秘的な翡翠色の花を咲かせ、はじめて見た人はあっと驚くと思います。

日本各地の温室で見られると思いますが小田原フラワーガーデンでは特に花数が多いことで有名です。

ヒスイカズラの見頃は?

見頃:3月中旬~下旬

ヒスイカズラは一度花が咲いて、落花した後もう一度咲きます(二番花)

一番花ほど迫力はありませんが、もしも見頃の時期を見逃してももう一度チャンスがあるかもしれないので開花状況は要チェックです。

ヒスイカズラの開花状況

小田原フラワーガーデン公式サイトで園内の開花状況が更新されています

フラワーだより|小田原フラワーガーデン
小田原フラワーガーデンは、メイン施設のトロピカルドーム温室では熱帯植物が、渓流の梅林では、約200種の梅が咲き誇ります。その他四季折々の花やみどりが、一年楽しめる公園です。
スポンサーリンク

小田原フラワーガーデンへのアクセス

入園料・開園時間

開園時間:9:00~17:00

入園料:温室は有料200円

休園日:月曜日(梅園は月曜日も入園可能です)

アクセス

電車・バス

・小田原駅から伊豆箱根バス県立諏訪の原公園行きで約25分「小田原フラワーガーデン」下車

・小田原駅から大雄山線で「飯田岡」駅下車徒歩約20分

※諏訪の原公園行きはおおむね1時間に1本です
※大雄山線飯田岡駅からは急坂が続きます

【小田原厚木道路】「小田原東IC」より) 所要時間:約15分

【小田原厚木道路】「荻窪IC」より 所要時間:20分

【東名高速】「大井松田IC」より 所要時間:約25分

駐車場:無料(140台)

ヒスイカズラの写真

温室内は階段があったりと下から見上げることもできればすぐ傍で花を見ることもできます

もちろん温室ですのでヒスイカズラ以外の熱帯植物も沢山見られます

以上、小田原フラワーガーデンのヒスイカズラについて紹介しました!

とても貴重な花なので是非見に訪れてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました