【撮影日記】空いている箱根と新緑の季節

先日、箱根登山線と箱根ケーブルカーが乗り降り自由の「トコトコ切符」を使い箱根へ行ってきました。

平日かつ閑散期ということもあり、びっくりするほど空いていました。

新緑が美しい箱根の写真を紹介したいと思います。

早雲山までなら超お得のトコトコ切符

※2019年5月26日現在箱根は噴火警戒レベル2のため一部エリア(大涌谷周辺)が立ち入り禁止となっています。大涌谷以外は特に問題なく行くことができますが、箱根ロープウェイは全線で運休しバスによる代行輸送が行われています。

初夏の強羅公園

撮影記

EOS 5D MarkⅣ EF50mm F1.8 STM

強羅公園と言えばバラなのですが、先週の大雨で花が落ちてしまったのかほんの少ししか咲いていませんでした。

残念!

EOS 5D MarkⅣ EF50mm F1.8 STM

びっくりな花を発見

「ブルーポピー」

ヒマラヤの青いケシと言われ3000m以上の高山帯にしか自生しないそうです。さらに、1週間程度の短期間しか開花しない見られたらラッキーな花みたいですね。

箱根湿性花園でも育てられているようなので機会があったら見に行きたいです。

EOS 5D MarkⅣ EF50mm F1.8 STM

こちらも青い花「ネモフィラ」です。

ひたち海浜公園があまりに有名ですが、強羅公園にも咲いていました。さすがに標高が600m近くあるので5月下旬でも満開ですね

EOS 5D MarkⅣ EF50mm F1.8 STM

山あじさい

6月も近くなり、開花の早い山あじさいが各地で咲きはじめています。

箱根といえばあじさい、と言うことであじさいの季節が楽しみです。

EOS 5D MarkⅣ EF70-200mm F4L IS USM

「ハコネバラ」

正しい名前はサンショウバラでしょうか

箱根や富士周辺の山地に生育するバラ科バラ属の落葉小高木です。

ぱっと見バラに見えないすこし変わった花の形をしていますね

5月~6月にかけて箱根では各地に咲いていると思うので見かけたら参考にしていただければと思います。


このように初夏の季節、箱根は様々な花が見られます。

アクセスと入園料

・アクセス

箱根ケーブルカー「公園下」「公園上」駅から徒歩1分

箱根登山バス観光施設巡りバス(S路線)強羅公園バス停すぐ

・入園料

大人550円
小学生以下無料

箱根フリーパスやトコトコ切符をお持ちの場合は「無料」になります。

続いては箱根美術館です

スポンサーリンク

新緑が美しい箱根美術館

撮影記

EOS 5D MarkⅣ EF24-70mm F4L IS USM

美しい青もみじの道

紅葉で有名な箱根美術館ですが、もちろん紅葉が綺麗な場所は新緑も綺麗

秋に行けば必ず人が写ってしまいますが、なんとこの日は2,3人しか見ませんでした笑

逆に寂しいくらいに空いていてほんとうにびっくりです。(この時期に箱根美術館へ行くのははじめてです)

EOS 5D MarkⅣ EF70-200mm F4L IS USM

新緑の中を歩いてリフレッシュしてきました。

緑という色は本当に落ち着きます。

アクセスと入館料

・アクセス

箱根ケーブルカー「公園上」駅徒歩1分
強羅公園の西門の向かい側です

・入館料

一般:900円
高校大学生:400円
中学生以下:無料
シニア割引:700円
障害者割引:400円
インターネット割引もあります。

5月はGWを過ぎると平日を中心に比較的空いている箱根です。のんびりと新緑を楽しみたい方はおすすめの季節です。

以上、強羅公園と箱根美術館へ新緑や初夏の花の撮影日記でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました