【十種雲形ギャラリー】巻雲(けんうん・Cirrus)

雲データ

英名Cirrus
高度上層雲(5000〜13000m)
雲粒氷晶
別名すじ雲、ほうき雲
よく見られる季節
出現しやすい気象条件・低気圧が近づいているとき
・ジェット気流直下

衛星画像解析でジェット巻雲であるシーラスストリークというものを聞くことがあると思いますが、その「シーラス」が巻雲です。

春や秋など西から低気圧が近づいているときや、ジェット気流に対応して現れることが多いです。

個人的な体感ですが、春より秋の方が出現頻度が高いかなと思います。

雲形記号

筆でさっと描いたような記号で、ほうき雲という別名に近いイメージです

ギャラリー

十種雲形の一覧はこちら(制作中)

【十種雲形ギャラリー】十種雲形一覧
空には様々な形の雲が浮かんでいますが、それらの雲は10種類に分類されます。名称をクリックするとその雲の詳細のページに移動します。写真名称記号高度別名巻雲(けんうん)Ci上層雲すじ雲巻積雲(けんせきうん)Cc上層雲う...

2019年5月27日更新

コメント

タイトルとURLをコピーしました