小田原城あじさい花菖蒲まつり2020の見頃やアクセス

6月は全国各地であじさいまつりが開催され、色鮮やかな紫陽花の風景が見られます。

小田原城では紫陽花はもちろん、同時期に見頃となる花菖蒲も紫陽花を背景として見ることができます。

また、夜にはライトアップが行われるなど見所満載の小田原城のあじさい花菖蒲まつりについて紹介します!

あじさい花菖蒲まつり2020の概要と開催期間

概要

小田原城本丸東堀にある花菖蒲園では、6月になると紫陽花を背景に花菖蒲が花開きます。

2500株の紫陽花が花菖蒲と共に小田原城を彩ります。

まつり期間中は出店や夜にはライトアップなどが行われます。

開催期間

2020年は月日()〜日()に開催されます。

また、小田原城あじさい花菖蒲まつり開催期間中の土日は小田原城天守閣の開館を午後7時(済州入場は午後6時半)まで延長されます。

ライトアップ

ライトアップはまつり開催期間中午後7時〜9時に行われます。

開催期間中、常盤木橋周辺の花菖蒲とあじさいがライトアップされます。

6月は日の入りが遅いため、ライトアップ開始直後はちょうど夕暮れ時で、真っ暗な状態よりオススメですよ

ブルーモーメントってやつ!

ライトアップされた紫陽花は不思議なオーラを纏っています笑

小田原城あじさいや花菖蒲2020年の見頃は?

あじさいの開花時期は小田原市のHPによると

花菖蒲:5月下旬〜6月中旬

あじさい:6月上旬〜7月上旬

となっています。

あじさい花菖蒲まつりが行われる6月1日〜16日はちょうどどちらも見頃の時期ですね。

※天候状況により変わります。

小田原城あじさいの開花状況

開会状況は小田原市の公式HPにてあじさいや花菖蒲の開花情報が掲載されます。

やや更新頻度は低めですのでSNSなどの情報も合わせて開花状況をお調べください。

小田原城へのアクセス

電車の場合

JR東海道線、東海道新幹線、小田急線、箱根登山鉄道、大雄山線

「小田原駅」から徒歩約10分

・バスの場合(箱根方面から起こしの場合など)

箱根登山バス「市民会館前」バス停が一番近いです。

車の場合

小田原厚木道路「荻窪IC」から約10分

西湘バイパス「小田原IC」から約5分

東名高速道路「大井松田IC」から約40分

※小田原城含む小田原城市公園には一般駐車場がありませんのでご注意ください。(周辺の有料駐車場をご利用くださいとのこと)

※週末を中心に周辺道路は混雑します。時間に余裕を持って行動、また、公共交通機関のご利用もお勧めします。

アクセス情報は小田原城公式HPに掲載されています

小田原城あじさい花菖蒲まつりの混雑は?

テレビで紹介されるなど年々人気となっている小田原城

最もピークとなる桜の時期などに比べると、そこまで混雑はありません。

筆者もライトアップの撮影で三脚を使用しましたが、三脚が立てられるほどです。

※予想より混雑することもありますので、混雑時は三脚はまわりをよく見てご使用ください。

平日は特に空いているのでオススメです。

【参考】2018年のまつり開催期間中の土曜日のライトアップ開始直後の様子です。

周辺のあじさいスポット

小田原市の近隣にはあじさいのスポットが沢山あります。

以下の記事もご参照ください!

かわいらしい灯籠も展示されます。

あじさいや花菖蒲が見頃となるこの機会に小田原城へ是非訪れてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました