気象

お天気雑談

夕方や昼過ぎって何時から何時まで?気象庁で定義されている時間を解説

「夕方」に○○に行く?とか、「昼過ぎ」からにわか雨の可能性がありますなど、時間を数字ではなく言葉で表現することって多々ありますよね。 実際に夕方や昼過ぎは何時から何時までを示すのか 天気も時々話題にするこのブログならではという...
天気の豆知識

【台風の話③】海外の台風情報の見方を解説

日本の台風情報は気象庁がメインですが、他にも台風情報を出しているところがあり結構参考になります。 それが米軍の台風合同警戒センター(通称:JTWC) 気象庁と同じように予想進路や強さを発表していますが、見方が異なったり、「英語...
天気の豆知識

【台風の話②】台風の予想進路図の見方を知り防災に繋げる

夏から秋にかけて日本には多くの台風がやってきます。 そして、台風はしばしば大災害を引き起こします。 台風について詳しく知ることで防災に繋げようということで、台風の話をしていきます。 今回の記事では進路予想図の見方など実際...
天気の豆知識

【台風の話①】台風の仕組み・なぜ日本にやってくる?

夏から秋にかけて日本には多くの台風がやってきます。 そして、台風はしばしば大災害を引き起こします。 台風について詳しく知ることで防災に繋げようということで、台風の話をしていきます。 今回の記事では台風の仕組みについて解説...
天気の豆知識

2019年のあじさいを気象データと共に振り返る

7月に入りそろそろあじさいも終盤になってきています。 なんとなく去年と比べてあじさいの見頃が遅めであったり、長く楽しめた印象を持つ方も多いのではないでしょうか 今年のあじさいについて気温や降水量などの気象データと共に振り返って...
天気の豆知識

【十種雲形ギャラリー】積乱雲(せきらんうん・Cumulonimbus)

雲データ 英名Cumulonimbus高度下層雲(地表付近~2000m)※積乱雲は下層雲に分類されるが雲頂は対流圏界面に達することもある雲粒下部は水滴、上部は氷晶別名かみなり雲、にゅうどう雲よく見られる季節夏季、(冬季の日本海側)出...
天気の豆知識

【十種雲形ギャラリー】積雲(せきうん・Cummurus)

雲データ 英名Cummurus高度下層雲(地表付近~2000m)※雲底は下層だが、雲頂は2000mよりも上になることがある雲粒水滴別名わた雲よく見られる季節冬の日本海側、夏季出現しやすい気象条件・西高東低の気圧配置時の日本海側・(主...
天気の豆知識

【十種雲形ギャラリー】層積雲(そうせきうん・Stratocumulus)

雲データ 英名Stratocumulus高度下層雲(地表付近~2000m)雲粒主に水滴別名うね雲よく見られる季節1年を通して見られる出現しやすい気象条件早朝や夕方北東気流など様々 いまいちぱっとしない層積雲。雲の形は様々で大き...
天気の豆知識

【十種雲形ギャラリー】層雲(そううん・Stratus)

雲データ 英名Stratus高度下層雲(地表付近~2000m)雲粒ほぼ水滴別名きり雲よく見られる季節1年を通して見られる出現しやすい気象条件・暖かい水面に冷たい空気が流入したとき・放射冷却が効いた朝などに暖かい空気が流入したとき・雨...
天気の豆知識

【十種雲形ギャラリー】乱層雲(らんそううん・Nimbostratus)

雲データ 英名Nimbostratus高度中層雲(2000〜7000m)雲粒水滴と氷晶別名あま雲、ゆき雲よく見られる季節夏以外・梅雨の時期出現しやすい気象条件・低気圧や前線付近 雨を降らせる代表格の乱層雲 空一面がどんよ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました