EOS M6 Mark Ⅱ 1年使用レビュー

EOS Mシリーズの中級機EOS M6 Mark Ⅱは発売から1年が経ちました。

このブログの筆者も発売日に購入しましたが、1年使用してどのような使用感であったか改めてレビューしていきたいと思います。

1ヶ月使用レビューはこちら

良いところ

画質の良さと高画素

フルサイズには敵いませんが、3250万画素というAPS-Cカメラの中ではトップクラスの画素数もあって。画質はかなり良いと感じます。

高感度ノイズも今までの2400万画素センサーから大幅に画素数が増えたにもかかわらず良くなっています。

さすがに最近発売のフルサイズミラーレスには敵わないですが、明るいレンズを使えば暗い場所でも活躍してくれます(ズームレンズに明るいレンズがないのが玉に瑕)

1年間使ってきて、写真の色合いはかなりニュートラル傾向であると思いました。EOS 5D MarkⅣもニュートラルな方ですがそれ以上に忠実な色再現です。

3ダイヤルの操作性

EOS M6 MarkⅡはシャッターボタンの周りにあるダイヤル、デュアルファンクションダイヤル、背面側のサブダイヤルの3ダイヤルとなっています。

筆者はメインダイヤルに絞り(Tv時、M時シャッタースピード)、デュアルファンクションダイヤルに露出補正(M時絞り)、サブダイヤルに露出補正を割り当てています。

基本はメイン機のEOS 5D MarkⅣの操作性に合わせるため、背面のサブダイヤルに露出補正を割り当てていますが、デュアルファンクションダイヤルも使いやすいので指の位置次第でどちらも露出補正ができるようにしています。

また、このカメラにはFvモードと呼ばれる基本はプログラムオートでAEロック後に絞りやシャッタースピードを変えられる機能があり、その場合にも3ダイヤルは活躍しますね。

気になるところ

外付けEVF

EVFが必要ない時はコンパクトになるというメリットもありますがそれ以上に外付けEVFの嵩張りや付け外しの面倒くささが上回ってしまいました。

外付けEVFは内蔵EVFに比べてどうしても嵩張ってしまいます。筆者はやはりファインダーは必須の人なので、最初から一体型の方が良いですね。

ボディ内手ぶれ補正が無い

最近のカメラには必ずと言ってよいほどボディ内手ぶれ補正が搭載されています。

EOS R5 R6もキヤノンのレンズ交換式カメラ初のボディ内手ぶれ補正が搭載されました。

オールドレンズや単焦点レンズを使っていて欲しいなという場面もありますので、今後EOS Mシリーズが出る際には期待します。

純正レンズの少なさ

基本的なレンズは揃っていますが、個人的に足りていないのが換算24-100mmF4程度の中口径レンズ、標準~中望遠のマクロレンズです。

大口径の単焦点レンズはシグマから16mm F1.4 30mm F1.4 56mm F1.4が発売され相性もとても良いので問題ありません。

良いところもあれば悪いところもあるEOS M6 MarkⅡですが、最近はメイン機のEOS 5D MarkⅣの重さ(+レンズの重さ)が嫌になってきて持ち出す機会は多くなっています。

ビックリすることに、1年経って値下がりがほとんどしていないという事実(人気があって値下がりしないのではなくて逆に売れてないせいなのか・・・・)

10万円切ったらかなりお得と初期のレビューでも言いましたが、もうしばらくかかりそうですね。

おすすめのレンズ

こんな記事も出しましたが、おすすめのレンズを紹介します

EF-M15-45mm F3.5-6.3:最大まで3250万画素を引き出せるレンズではありませんがとてもコンパクトで特に広角側は良い写りをするので、とりあえず付けて持って行くのに最適なレンズです。

EF-M11-22mm F4-5.6:EOS M6 MarkⅡの画質を堪能できるレンズの一つです。このコンパクトでこれだけ写れば重くてでかいフルサイズの超広角レンズも必要なくなるのでは・・・と思ったり。

SIGMA 30mm F1.4 DC DN:シグマF1.4三兄弟の真ん中。純正レンズにもF1.4の標準レンズはありますがこちらの方が1~2万円ほど安いです。写りはもちろんのことレンズの質感も良く、AFも問題ないのでコスパを気にする方におすすめです。

今後のEOS Mシリーズに求めるもの

時々某サイトにもEOS Mシリーズは廃止される!?とかEOS Rシリーズに統合される!?とか噂が立ちますしEOS Kiss Mの後継機の噂も出ては消えてを繰り返しています。

今後EOS Mシリーズが存続するのであればやはりコンパクトだけど必要十分に高性能を続けていってもらいたいです。

最近はレンズもボディも巨大化が進んでいるような気がしますが、この状況下で大きなレンズ・カメラを持ってがっつり撮れる機会は少ないので、このラインのカメラもあって欲しいと思います。

まずはEOS M5のサイズ感で後継機が出て欲しいですね!!

今までのEOS M6 MarkⅡのレビューのリンクも載せるので購入の際の参考になれば幸いです。

↓一番最初のレビュー記事

作例第二弾

最後に作例を紹介します。

クリックすると拡大します。リサイズしていない画像なのでデータ量にご注意下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました